オーストラリア高校留学    ジャットセンター

留学生活の疑問にお答えします


海外での生活は日本の生活と違うこともあります。 今まで留学した生徒から聞いたことや、経験したことなどこれからの留学に役立てばと思います。

スポーツを続けたい


日本でやっていたスポーツを続けたいと考えている人は多くいると思います。ただ、オーストラリアの学校には部活動はありません。

留学した生徒たちはスポーツをどんな形で続けているのでしょうか。

一番多いのは、地元のクラブチームに参加すること。

週に数回あるクラブチームもあれば、週に1回試合だけをするクラブもあります。 シドニーなどの都心では、夕方以降の外出は危険を伴う可能性もあるので、なかなかできない場合が多いと感じます。 治安のいいゴールドコーストやケアンズなどは多くの生徒がスポーツを放課後、週末に楽しんでいると感じます。 もし、スポーツを続けるならクイーンズランド州がおすすめだと思います。  
また、学校でスポーツ特別クラスがありますので、それに参加することもできます。

現在もテニス、サーフィン、バスケットなどの特別クラスで頑張っている生徒がいます。 特別クラスは、学校によってプログラムが異なりますので注意してください。(週にほぼ毎日行うスポーツクラスもあれば、週に1回簡単にやる特別プログラムもあります。) どのような形であれ、スポーツを続けることは可能ですので、遠慮なくご相談ください。

週末はどんな生活をしている?


オーストラリアであっても、週末の過ごし方は日本と変わりないと思います。

ただ、家族がホストファミリーに変わり、友達が外国人になっただけです。 バスや電車でショッピングセンターや繁華街に行き、映画を見たり、ショッピングをしたりします。ホストとビーチに行ったり、バーベキューをしたりもします。友達とサッカーをしたり、スケボーなどを公園でします。 国が変わっても、本当に同じです。

昼食はどんな感じ?


オーストラリアでは、公立、私立問わず必ず売店があります。

呼び方は、キャンティーン、またはタックショップのどちらかです。

キャンティーンでは、日替わりランチ的なものやサンドイッチ、マフィン、ハンバーガーなどがあります。寿司も多くの学校で販売しています。当然ドリンク類などもあります。 ただ、留学生はホームステイ先がランチボックスにサンドイッチや果物を入れて持たせているので売店に行く必要はない場合が多いです。

正確にランチタイムというものはないので、休み時間に自由に食事を取ったりしています。また、日本と大きく違うのは教室で食事を取ってはいけない。ということです。 みんな外で食べます。雨の時も、屋根のある場所で取ります。

私立の名門の学校の多くは、ダイニングルームがあり、そこで食事をします。